栃木のパワースポット~日光

「龍」「穴」 「砂」「水」
どれも非常に強いパワーがあふれ
日光東照宮一面が
「穴」になっている

大地からの パワー と、日光山から流れ出る生気が
日光の中でもこの東照宮あたりに
非常に強くたまる地形になっているからです。

清らかな気を持っている場所ですから
ここを訪れるだけでも十分、
すがすがしい気持ちになれます。

(御堂龍児著「開運風水学」より)

東照宮の近くには、「二荒山(ふたあらさん)神社」があり、この神社の別宮で、山奥にたたずむ「滝尾(たきのお)神社」とそこへ至る史 跡探勝路 は、中世からの歴史と聖地を感じさせる独特の雰囲気が漂う。

日光東照宮の存在する場所は、地元では「山内(さんない)」と呼ばれており、ここには、日光東 照宮、二荒山神社、輪王寺(りんのうじ) の三つの 神社・仏閣に分かれていて、それぞれ全く別々に社殿が管理されている。この三つの社寺を総称して「二社一寺(にしゃいちじ)」と呼ぶ。

 

東照宮の周辺には、500年とも推定されるような杉の巨木が、いたるところに存在している。訪れる度に畏怖の念を抱いてしまうという人 も少なくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です