偽ブランドが増えている

投稿日:

偽ブランドとはブランド(商標)を保持していない業者がブランド(商標)、マーク、デザインなどを真似て作った商品のことです。

一般的にコピー商品、コピーブランドなどと呼ばれています。偽ブランドは法律で罰せられる違法の商品です。

海外旅行に行った人で偽ブランド品を買い、日本に持ち帰ろうとする人が毎年増えているようです。

しかし、偽ブランド品を持ち込もうと思っても、税関で厳しいチェックがあり没収されてしまいます。これは法律により偽ブランド品の海外からの持ち込みが禁止されているからですよね。

では偽ブランドの見分け方はあるのでしょうか?

一般的には価格が非常に安かったり、皮の質やミシン目の数、その処理方法などが雑で縫製も悪くすぐにほつれやすいのが特徴です。

また柄がずれていたりロゴの位置が微妙に違っていたりします。

「偽ブランド品の見分け方が簡単に分かれば安心出来るのに」とお考えの方も多いでしょう。でも、偽ブランド品の見分け方の情報が広まると、更に本物に近い精巧な偽ブランド品が作られてしまいます。だから情報公開がされていないんですね。

偽ブランド品であることを知っていて買う。偽ブランド品であることを納得して買う。例えそうだとしてもそれは犯罪に手を貸していることになります。偽ブランド品の売り上げが犯罪組織の資金となっていることは、既に世界的に知られた事実です。

本物のブランド品をよく知り、本物のブランド品を使うことで、あなたの人生も本物にしましょう。

大好き・ブランド – livedoor Blog 共通テーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です