メンズビギ

投稿日:

メンズビギは、1975年に設立されたファッションブランドです。

メンズビギの人気のひとつに、有名なTVドラマ「傷だらけの天使」の存在がありました。このドラマの中で、主役の萩原健一さんがメンズビギのメンズスーツを着ていたのです。萩原健一さんがメンズビギのスーツを着たことが話題になって、メンズビギが一躍トップブランドとして名前を知られるようになりました。

さらに面白いことに、メンズビギのスーツは、当時「不良の大人の服」としても注目を集めて人気を博したのです。

設立時にメンズビギの代表とチーフデザイナーを兼任していたのは、今や日本を代表する有名な菊池武夫です。1980年に菊池武夫は(株)ワールドへ移籍しましたが、変わりに今西祐次がチーフデザイナーに就任しました。93年に「TUBE」代表兼チーフデザイナー、斎藤久夫とディレクター契約。2001年には坂田真彦がディレクターに主任しました。

メンズビギの特徴のひとつに、設立からすでに30年も経っているのに、まったく古さを感じさせないことが挙げられますね。

現在のファッション業界の中においても、まったく遜色なく通用するのは、ファッションブランドとしてしっかりとしたスタンスを維持しているからでしょう。さらにカジュアルからフォーマルまで、幅広い服作りをしていることも特徴です。

メンズビギは設立から今日まで、落ち着いた雰囲気が漂うオシャレな洋服を追求し続けてきています。それは流行に敏感なオシャレな人から、あくまでも自分流のラフなオシャレを楽しむ人まで、幅広い年齢層に向けて洋服を提供してきたことにもつながります。

さらにメンズビギは、表面的なデザインだけにとどまらず、しっかりとした縫製においてもこだわるブランドです。

芸能人&モデル御用達ブランド – livedoor Blog 共通テーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です