偽ブランド品をつかまされないためには?

最近はパソコンや携帯電話の普及で、オークションや通販など、インターネットを通して気軽に商品を売ったり買ったりできるようになりました。

ブランド品もオークションや通販で大人気ですが、偽ブランドをつかまされる例も多いのです。

偽ブランド品を売買すること自体違法であり、犯罪行為になるので気をつけなければなりません。

偽ブランドには、一見しただけで偽物とわかるものと、一見しただけでは偽物とはわからないものがあります。

一見しただけで偽物とわかるものは、売る側も買う側も偽物と知っていながら売買しているような偽ブランド品です。「レプリカ」「模造品」「コピー」と称して売っているものがあります。

一見しただけでは偽物とはわからないもの、これは買う側が本物と思って買ってしまうような偽ブランド品です。場合によっては売る側も偽ブランド品とは知らずに売っている場合もあるのです。

値段は本物とあまり変わらないし、本物の10%~30%安の値段なので、ついついだまされてしまいます。

偽ブランド品をつかまされないためには、まず欲しい商品についてあらかじめ研究することです。そして、自分なりの見る眼を養いましょう。


また、信頼のおける店で購入することも大事です。値段が、通常では考えられない程安く販売しているものは怪しいですね。「欲しいものがあった!」とすぐ飛びつくのではなく、じっくり商品を吟味してから買いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です