air Jordan(エアジョーダン)

投稿日:

大学時代に既にバスケでヒーローとなっていたマイケル・ジョーダンが、シカゴ・ブルズに入団した時に条件に出したのが、自分モデルのバスケットシューズ。こうして誕生したナイキのバスケットシューズair Jordan(エアジョーダン)は、意外なことに、当初は全く売れませんでした。

昔のような「ジョーダン狩り」が起こるほどの社会的なムーブメントは過ぎ去りましたが、現在でも根強いファンの多いair Jordan(エアジョーダン)。定期的に新作を出し続け、すでに20シリーズを超えています。マイケル・ジョーダンは引退しても、彼の魂はナイキに引き継がれているのです。

マイケル・ジョーダンがそれを履いてNBLのコートで活躍しているというのに、全く売れないair Jordan(エアジョーダン)。それでもナイキは、信念を持ってエアジョーダンを作り続けました。シューズによって課せられた、ジョーダンへの規約違反金を肩代わりしてまで…。

マイケル・ジョーダンの人気とともに一躍大ヒット商品となったair Jordan(エアジョーダン)ですが、あまりの人気で「エアジョーダン狩り」なるものが横行。入手困難なエアジョーダンを、履いている人から暴力をもって無理矢理奪い取るという浅ましい事件が多発したのです。

大好き・ブランド – livedoor Blog 共通テーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です