ボッテガべネタ

投稿日:

ボッテガべネタ(BOTTGA VENETA)は1966年、イタリア北部のヴェネチアに近い町で創業されたブランドです。

ボッテガベネタの名前の由来はイタリア語で工房の意味である「ボッテーガ」という言葉です。ボッテガベネタは、イントレチャートと呼ばれる職人の手作業によるメッシュ状の革紐の編みこみ模様で有名です。

ボッテガベネタは素材にもこだわっており、高品質な皮革から伝統を重んじる皮革職人の細やかな手作業により加工された革製品は、どちらかといえばエレガントなイメージを醸し出しています。

ボッテガベネタ製品の使えば使うほど手になじんでいく柔らかな革の風合いは「まるでシルクのようだ」と評判で、キャリアを積んだ大人の世代のブランドとしてセレブの間で大人気です。

このように重厚かつエレガントなイメージで人気の高かったボッテガベネタですが、注目度が急上昇したのは、2001年にグッチ(GUCCHI)の傘下に加わってからです。

エルメスやリキエルにも在籍していたデザイナー、トーマス・マイヤーの起用によって、革新的なスタイルが加わり、ボッテガベネタの人気のすそ野が若い世代にも広がっています。

日本にも表参道や銀座にボッテガベネタの店舗がありますよ。

ボッテガベネタはバッグをはじめ、財布、キーケース、名刺入れ、ブレスレットや携帯ストラップまで幅広く扱っていますが、やはりバッグが一番の人気です。その中でもカバ(CABAS)と呼ばれるイントレチャートのトートバッグはボッテガベネタを代表する革製品ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です