カルティエ

投稿日:

カルティエは世界中に愛されるブランドです。

カルティエの歴史は、1847年、ルイ・フランソワ・カルティエが、師匠であったアドルフ・ピカールのアトリエを譲り受て開業したことからはじまります。

1912年、世界で初めてダイヤモンドのバケットカットを製作したのはカルティエです。フランス語でバゲットは棒を意味します。ダイヤで用いられる段状のカットは、長方形の宝石です。ルイ・フランソワ・カルティエが創出しました。

1907年、ロシア皇帝、1908年、シャム国王、1913年、セルビア国王、1919年、ベルギー国王、1921年、英皇太子エドワード8世、1929年、エジプト国王というように、各国の歴代の皇室から御用達の店として愛されてきたそんな歴史があります。

カルティエ&クリエーションのロゴ2Cが誕生したのは、1910年のことです。

カルティエとクリエイション(創造、作品)の2つの頭文字であるイニシャルがコラボレーションしてデザインされたのが2Cです。

1970年代にはロゴをモチーフとした2Cリングが発表されました。

有名な2Cリングは、トップ部分をオープンにして、2つのCを配したデザインになっています。

2000年のクリスマス2000個限定のカルティエ2Cリングも爆発的な人気を得ました。

ダイヤやゴールドを用いた2Cのリングは、Cのモチーフとなる部分にダイヤが散りばめられ、シンプルかつエレガントなデザインです。


カルティエ2Cリング ダイヤ入り WG 2007年 クリスマス限定モデルB4077600

グッチ、シャネル、コーチなども、同じCをモチーフとしたブランドですが、アクセサリーのエレガントさでは、宝石商の王様と言われたカルティエには、どのブランドもかなわないでしょう。

カルティエの2Cモチーフのジュエリーは、ネックレスやキーリングもシンプルで存在感あるエレガントな美しさが特長です。

カルティエの2Cモチーフのジュエリーは、一生のジュエリーになってくれると言ってもいいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です