ルイ・ヴィトン

投稿日:

ルイ・ヴィトンというのは、創業者の名前です。ルイ・ヴィトンは1821年、フランスのジュラ、アンシェイに生まれました。

1835年、粉屋を営む家庭で折り合いがあわず、少しのお金とともに家を出て、その後徒歩でパリへと向かったのは14歳の時でした。様々な仕事をしながら、念願のパリへ到着したのは2年後です。400キロにわたる道のりだったといいます。

じつは、パリへと向かうその道のりの中で、荷造り用木箱製造職人の見習いとして勉強していたのです。

1854年、世界初の旅行カバン専門店を設立、これがルイ・ヴィトンです。

この頃は輸送機関が発達していましたので、従来型の丸いトランクに注目し、平らなトランクを開発しました。平らなトランクは積み上げることができることに目を付けたのです。初めてのトランクは、革より軽い無地のグレーのコットン素材を使用し、防水加工を施しました。
これは、グリ・トリアノン・キャンバスと言うもので、当時爆発的な人気になりました。

1860年には生産が追いつかず、工場を拡大移転しました。パリ郊外のアニエール市は現在も工場所在地です。

1888年に発表したダミエ・キャンバスは、世界初の登録商標された商品で、世界初の表面にブランド名を表示した商品でもありました。このダミエ・ラインは、1996年に再度復活し、現在も販売されています。

ルイ・ヴィトン・ジャパンが設立されたのは1981年で、このルイ・ヴィトン・ジャパンの設立をきっかけとして、日本でもますます愛されています。

ルイ・ヴィトンのシンボルとなっているのが、ルイヴィトン、モノグラム・キャンバスです。

1986年に誕生しました。キャンバス地の素材は軽く柔軟で耐久性があり、完全な防水性で表面に傷がつきにくく丈夫です。

モノグラム・キャンバスのプリントには、創業者のイニシャルであるL・Vがプリントされています。MONOGRAMとは英語で、文字を組合せることを指します。

日本では本来の言葉の意味よりも、ルイ・ヴィトンの象徴になっていますね。このロゴは日本の家紋より由来しているとも言われているんですよ。

モノグラム・キャンバスには大きく分けて2つの種類があります。一つは、しっかりと地面に立つハードタイプで、もう一つは素材が広がり、収納力が高くなるソフトタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です